たくさんの授業と演習を行っている福岡医学部予備校PMD

1週間に1度の確認テストや月末には1ヶ月に1度の定期テストを行う

福岡医学部予備校PMDは医学部への入学試験の指導の達人が揃っています授業時間が1コマあたり100分間になっています1週間に1度の確認テストや月末には1ヶ月に1度の定期テストを行う

他にも1週間に1度の確認テストや月末には1ヶ月に1度の定期テストを行い、基礎的な学力を完璧に身に付けた上で入学試験と同様の難易度の演習に進む訳です。
実践力を育むために、1年あたりに15度の国公立大学や私立大学医学部の過去問演習を行います。
他にも3校ぐらいのそれぞれの大学医学部のプレテストや1年あたりに2度の医学部実力模試、年に7度の各種校外模試を実施中です。
このように各種演習や模擬試験を私立大学の医学部コースの場合は年に40回ぐらい、国立大学医学部コースの場合は年に50回ぐらい実施します。
授業時間ではない時間に、このような演習を実施するため時間の無駄が少なくて効率が良いです。
解くことが出来なかった部分は、授業の中で解説や解き直しをします。
徹底的な演習と解説、解きなおしや類題演習により入学試験と同じぐらいの難易度の問題を解けるようになる訳です。
そして、それぞれの大学の医学部の過去問を解いた採点結果は入学試験を受ける大学を決めるときの正確な判断材料の1つになります。
1クラスあたり5人ぐらい、最大の場合でも8人での少人数制のゼミ形式のクラスになっている訳です。
それぞれの学生の状況を振り返りアドバイスをしながら授業を行うため、丁寧なサポートが出来ます。
医学部受験に特化したベテランの講師の方たちは、ただ単に指導するだけでなく学生に応じた勉強の方法を教えて、いつも学生がモチベーションを維持できるような授業を実践する訳です。