たくさんの授業と演習を行っている福岡医学部予備校PMD

福岡医学部予備校PMDは医学部への入学試験の指導の達人が揃っています

福岡医学部予備校PMDは医学部への入学試験の指導の達人が揃っています授業時間が1コマあたり100分間になっています1週間に1度の確認テストや月末には1ヶ月に1度の定期テストを行う

市営地下鉄の赤坂駅の近くにある福岡医学部予備校PMDは程よく天神から離れていて、近くには非常に大きな公園があり自然に恵まれた場所にあります。
講師たちは、いつも20人以上が指導にあたっている状況です。
どの講師も知識や指導技術が豊富で、医学部への入学試験の指導の達人が揃っています。
学生の成績を向上させて合格させる技術は、非常に高いです。
合格する生徒のほとんどは前の年に入学試験を受けたときに1次試験にも合格出来なかった生徒になります。
医学部に合格させる確実な実績を出している訳は、優れた講師の方たちと福岡医学部予備校PMDが独自に開発したサポート体制とカリキュラムがあるからです。
膨大なノウハウの一部として福岡医学部予備校PMDでは、近頃注目を集めている反転教育に繋がるようなカリキュラムを行っています。
今までの授業は導入から始まり、例題を解説し演習を行うという流れです。
そして理解を深めるために解説授業を行い解き直し類題の演習を行うという流れで行います。
しかし福岡医学部予備校PMDでは年度の後期になると日曜日に1日かけて、それぞれの大学の過去問の演習やプレテスト、医学部特有の出題傾向に合わせた演習を実施し週の前半で解説と解き直し類題の演習の授業を進める訳です。
通常だと授業中に行っている演習を休んでいた日曜日に実施するため、授業の内容が2倍ぐらい濃い状態になります。
講師は、学生がどこで間違い、どこを理解していないかを把握して授業を進めるため効率的に生徒の理解していない部分を補うことが可能です。
過去問の演習は入学試験のときと同様に実施するため自分が、どの大学の出題傾向に合っているのかを実感することが出来ます。
採点も実際に行われるため、最低合格点に到達しているかどうかや到達していない場合は何点不足しているのかといったことを正確に判断することが出来ます。

医学部予備校 福岡 / 完全個人カリキュラムの松原塾