お尻がでかいことが悩みの女性必見!下半身太りを解消してモテ尻になる方法

お尻がでかいことがコンプレックス、何とか小さくできないかなっと悩んでいる女性もいるでしょう。確かにお尻がでかいと太って見えることもありますよね。そこで下半身太りが原因で大きく見えるお尻を解消する方法を一挙大公開!理想の美尻を目指しましょう。

でかいお尻を綺麗に見せる下半身ダイエット法は?

「お尻がでかいのはイヤ」「モデルさんのように小さくて引き締まったお尻になりたい」そう考える女性は多いもの。ただ大きなお尻は男性から人気があるなど、メリットもあります。そもそもお尻が大きく太って見えるのは、下半身太りが原因です!そこで下半身太りを解消し、より魅力的な美尻にする方法を詳しく解説!大きなお尻で悩んでいたアナタ、必見です。

実は大きいお尻は重要なモテ要素

お尻がでかいことは実はモテ要素の一つということを知っていますか?ではなぜお尻が大きいとモテるのか、他にどんなメリットがあるのか紹介していきましょう。

男性は丸みのある大きなお尻が好き

女性は小さくて引き締まったお尻を好む傾向にありますが、実は男性は肉付きが良く丸みのある柔らかなお尻を好む傾向にあります。実際アメリカのテキサス大学オースティン校の研究でも、「男性は丸みがあり大きなお尻の女性を好む傾向にある」という結果が出ているくらいです。

ではなぜ大きなお尻を好むのか気になりますよね。今回の研究の結果、男性にはどこかで「子孫を残したい」という考えを持っているそうです。大きなお尻は昔まだ私たちが狩りをして生活していたときに生き延びた妊婦をイメージすることから、本能的に大きくて丸みのあるお尻を好む傾向にあると考えられいます。ただしただ大きいだけのお尻が良いという訳ではなく、丸みのある女性らしいお尻を好む傾向にあるんですよ。

お尻のお肉は健康の証

お尻が大きいということは、実は健康の証ということを知っていますか?なぜかというと、お尻に付いた脂肪は高血圧などの病気をもたらす心配がないだけでなく、健康をもたらしてくれる脂肪なのです。

具体的に言うと

  • 座ったときに関節や神経を保護してくれる
  • 万が一体のエネルギーが不足してしまったときの為の貯えになる
  • 大きなお尻が骨盤を安定させる為、猫背や肩こり予防にもつながる
  • 下半身の骨格や筋肉をしっかり支え、体のバランスが安定する

などがあります。ですのでお尻の脂肪は、私たちの体にとってもとても大切な役割を果たしているということがわかりますよね。

大きいお尻は赤ちゃんにも良い影響

大きなお尻はお腹の中に入る赤ちゃんにも良い影響を与えてくれます。なぜならお尻が大きいことで万が一何らかの衝撃が加わっても、お尻の脂肪がクッションとなり赤ちゃんがいる子宮をしっかり守ってくれるからです。

またお尻や下半身の脂肪は、赤ちゃんの脳を造るための貯蔵庫としても役割も果たします。特に脂肪酸は赤ちゃんの脳を正常に発達させるための重要な役割を果たしている為、脂肪酸をたくさん持っている大きなお尻は赤ちゃんにとって嬉しい存在なのです。

必要なのは下半身太りの解消

ではどうやって大きなお尻を解消していけばよいのかというと、ズバリ下半身太りを解消することです。下半身太りを解消すれば、自然と魅力的なお尻に繋がります。では解消法を詳しく見ていきましょう。

解消法①お風呂でリラックス

お風呂にゆっくり浸かることで、下半身太り(大きなお尻)を解消することができるんですよ。なぜならお風呂にゆっくり浸かると、新陳代謝がアップします。新陳代謝がアップすると基礎代謝アップにも繋がるため、痩せやすい体を手に入れることができるからです。またお風呂に入るとたくさんの汗をかくため、むくみ解消にもつながります。

お風呂に入る時のポイントですが、風呂に生姜や塩を入れると温熱効果が高まり新陳代謝アップに繋がるうえ、引き締め効果も期待できるのでおススメです。

解消法②マッサージでむくみ解消

お尻は冷えやすいため、どうしてもむくんでしまいます。むくむとお尻が大きく見えてしまうため、むくみを取るマッサージを行なうのも効果的です。

ではどうやって行うのかというと、

  1. 太ももからお尻まで手でしっかり掴みます
  2. そのまま上へ押し上げます

これだけでOKです。

マッサージはお風呂上りの血行の良いときにやると、より効果が期待できます。またローションなどを塗ってからマッサージを行なうと、肌を傷つけることなくスムーズに行えるのでオススメです。

解消法③ウォーキングで引き締める

ウォーキングも下半身太りには重要なポイントです。ウォーキングをすることで、下半身が引き締まるだけでなくむくみも解消することができます。

歩き方のポイントですが、

  • 足の親指に力を入れるよう意識して歩く                   ※親指に力を入れることで骨盤の歪みを治し、引き締まったお尻になる為
  • 大股で歩く                                ※大股で歩くことで全身運動になるうえ、お尻の筋肉もしっかり刺激される為
  • しっかり前を向いて歩く                          ※下を向いて歩くと姿勢も悪くなるうえ、小股になってしまう為

などを意識して歩くと、より効果を実感することができるでしょう。

骨盤の位置も美尻・美脚には重要

お尻がでかい原因の一つに反り腰があります。反り腰とは腰が反ってしまっている状態で、お尻は後ろに突き出し逆にお腹は前に突き出している状態のことです。反り腰になると体や骨盤の位置がずれてしまうため、様々なトラブルを引き起こします。そんな反り腰がなぜお尻が大きくなる原因になるのか、確認方法や解消法を詳しく見ていきましょう。

骨盤前傾(反り腰)が下半身のボリュームに繋がる?

反り腰になると骨盤が前倒しになり、太ももが内側にねじれやすくなることから内股になります。この状態が長期間続くと本来使われるはずのお尻の筋肉が使われなくなり、使わなくてよい筋肉が使われることで負担が掛かってしまうんです。

そうなると使われないお尻の筋肉は弱り垂れてしまい、内股になることで太ももの外側の筋肉が張って太くなってしまいます。そのため反り腰は下半身が太くなってしまう原因の一つと考えられているんですよ。

反り腰と猫背により体が歪む?

反り腰になると骨盤の上部は前に傾き、下部は後ろに飛び出てしまっている状態です。この状態が続くと体のバランスが崩れてしまうことから、体が歪んでしまいます。また反り腰と合わせて猫背になっていることもあるのですが、猫背も重心が前に傾くことから体が歪む原因にもなるんですよ。

腰の反りの確認方法

反り腰の場合、見た目ではあまりわからないことから自分で自覚するのは難しいです。ではどうやって反り腰かどうか確認すれば良いのか、その方法を紹介していきましょう。

  1. 壁から30cm程度離れた位置に、背を向けて立ちます
  2. そのままの姿勢をキープしながら壁にくっ付く

この状態から以下の点をチェックしてみてください。

  • 壁に背中より先にお尻が付いた
  • 壁と腰の間に手が余裕で入る
  • 壁に背中を付けた時、お腹が出ている

この3点が当てはまったら、アナタは反り腰の可能性が高いです。

改善する方法は?

反り腰を改善するためには反り腰の原因でもある姿勢の悪さを治し、骨盤を正しい位置に直す必要があります。では具体的にどうすれば良いのかというと

  • 座っているときも立っているときも前かがみにならないよう耳・肩・腰骨が一直線になるよう意識する                                                  ※天井から吊るされているような状態をイメージすると良いです。
  • 歩く時腰から脚を出すイメージで歩く                                  ※下半身全体を使って歩くようなイメージ
  • 硬くなった肩甲骨を動かす                                       ※肩甲骨を動かすことで猫背予防に繋がります。動かし方は肩に手を乗せ、腕を回せばOKです。
  • 硬くなった腰のストレッチをする                                    ※一番簡単なのが「ヤンキー座り」と言われている座り方を30秒キープするだけで、骨盤や腰回りの筋肉のストレッチに繋がるのでオススメです。
  • 寝るときは足を立てて仰向けか、横向きで寝る                           ※うつ伏せ寝は反り腰が悪化するので避けましょう。

などを行うと良いです。また足を組んだり荷物を片方の肩にかけるなど、重心が傾いてしまう行動は反り腰を悪化させてしまうためできるだけ行わないようにしてくださいね。

綺麗な姿勢を心がけることで下半身太りしにくい身体へ

大きなお尻を解消するためには、下半身太りを解消することが不可欠です。特に反り腰は下半身太りの原因になるため、まずは反り腰になっていないかチェックしてみてください。

またキレイな姿勢を心がけたり、マッサージやストレッチを行うことで下半身太りの解消はもちろん、太りにくい体を手に入れることもできるんですよ。ぜひ今日から姿勢を意識するなどして、美しく女性らしい美尻を目指してみてはいかがでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です