女性のすね毛は正しい処理法が大切!嫌なブツブツは解消しよう

女性の多くは、正しいすね毛処理法を知らないといいます。あなたは自分のムダ毛処理の知識に自信がありますか?間違った自己処理は、毛穴のブツブツや色素沈着、埋没毛の原因に。正しい自己処理方法を知って、すべすべ素足を目指しましょう!

すね毛の処理法でブツブツ足にならないために

足をキレイに見せるためにすね毛を処理したはずなのに、真っ赤なブツブツができてしまい、逆に足を出しづらくなってしまったことはありませんか?女性の皮膚は、とてもデリケート。すね毛の処理の方法を間違えていると、お肌に大きなダメージを与えてしまいます。

正しいすね毛の処理方法を知って、つるつるすべすべのなめらか美脚を手に入れてみませんか?

多くの女性はすね毛の処理法を間違えている

すね毛処理はお肌に大きな負担を与えてしまいがち。お肌の負担を最小限に抑える正しい方法で行わないと、肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。あなたはこんな間違った方法で処理していませんか?

カミソリを一か月以上交換していない

古くなったカミソリは切れ味が悪いためについつい力が入ってしまい、肌を傷めやすくなります。メーカーの推奨するカミソリの交換時期は約一か月です。それより早くても、切れ味が悪くなってきたと感じたり、肌に違和感がある時は、新しいカミソリと交換しましょう。

また、カミソリをお風呂場に置きっぱなしにすると、刃が痛む原因となります。使用したあとはしっかりと水で洗い、乾燥した場所で保管しておきましょう。

毛抜きで適当に毛を抜いてしまう

無理やり毛を引っ張る毛抜きも、肌に大きなダメージを与えてしまう処理法です。無頓着な使い方をしてしまうと、皮膚の下にすね毛が生えてしまう埋没毛の原因になってしまったり、摩擦で皮膚が炎症を起こし、色素沈着してしまうこともあります。

毛抜きによるダメージを最小限に抑えるためには、皮膚が柔らかくなっているお風呂上がりがベストです。毛抜きに雑菌がついていると炎症などトラブルの原因になるので、毛抜きも除菌シートや熱湯で消毒してから使うようにしましょう。

長いすね毛を電気シェーバーで剃っている

電気シェーバーは、カミソリや毛抜きにに比べると肌を傷めにくい自己処理法です。それでも使い方を間違えるときれいに仕上がらなかったり、カミソリ以上に肌にダメージを与えてしまうこともあるので、正しい知識をもって使うことが大切です。

電気シェーバーは短い毛を処理するために作られているので、長く伸びたままの毛はうまく剃れません。長いすね毛は事前にトリマーである程度整えてから、シェーバーを使い始めるようにしましょう。

女性におすすめ!正しいすね毛の処理法

きれいな足を保つためには、すね毛処理のによるお肌へのダメージを最小限に抑えることが大切です。お肌に負担が掛からないすね毛処理とは、どんな方法なのでしょうか。

プロにお任せする

お肌に一番ダメージが少ない処理方法は、エステサロンやクリニックで行うレーザー脱毛。毛根や毛を作り出す細胞を焼き、二度と毛が生えないようにするこの脱毛法は、永久脱毛とも呼ばれます。

レーザー脱毛はカミソリや毛抜きと違い、直接肌に触れることがないのでお肌へのダメージは比較的少なめ。けれど、まったくダメージがないというわけではありません。肌質に合わなかったり、照射する力加減が合わなかったりすると、火傷や発疹などのトラブルが起こる可能性があります。脱毛サロンやクリニックを選ぶ時は、値段だけでなく安全性も重視しましょう。

永久脱毛の一番良い点は、一度処理を終えてしまえばその後の自己処理が必要なくなることです。少々金額が高い点がネックですが、長年カミソリを使い続けることに比べれば、手間もお肌へのダメージもぐんと少なく済みます。

正しい自己処理の方法は?

サロンはいろいろありすぎて良く分からないし、値段が高くてやっぱり手が出しにくい…。そんな時は、ダメージを最小限に抑えつつ、カミソリを使ってすね毛を処理していきましょう。

お肌をダメージから守ってくれる潤滑剤には、安価で購入できて保湿力が高いワセリンがぴったりです。

【ダメージの少ないカミソリの使い方】

  1. まずは毛穴を広げるために肌を温めます。バスタイムやお風呂上がりがベストです。それ以外のタイミングでの処理の時は、レンジで濡れタオルを1分ほど温めて蒸しタオルを作って、それを足に当てて温めましょう。
  2. お肌が温まったら、ワセリンを薄く伸ばしていきます。あまり厚く塗ると毛が剃りにくくなるので注意!
  3. 毛の生え際→毛先という流れに添って、一度だけそっとカミソリを滑らせます。剃れないからと何度も同じ場所にカミソリをあてると、肌に大きなダメージを与えてしまうので控えてください。
  4. 剃り終わったらワセリンをタオルで拭き取り、仕上げに保湿力の高い乳液やクリームでダメージを受けた肌の保護をします。

無理なムダ毛処理でブツブツ足にならないために

お肌に大きなダメージを与えてしまいがちなすね毛処理。ぶつぶつや色素沈着を起こさないようにするためには、これらのポイントを守ることが大切になります。

過度なすね毛処理を行わない

お肌に負担を掛けない理想的なカミソリの使用頻度は、一か月に2回~4回程度だと言われています。生え始めの毛が気になるからと頻繁に処理をしてしまうと、お肌に大きな負担を与えてしまいます。

すね毛処理は、お出かけやデートの予定がある休前日の時のみにするなど、ある程度計画を立てて行うと良いでしょう。

比較的肌に優しい女性用アイテムを使用

【女性用カミソリの主な特徴】

  • ヘッドの首が縦横に大きく回転する
  • 男性用より軽い
  • ヘッドが丸みを帯びている
  • 肌に優しいスムーサーが付いている
  • 柄が身体を剃る時に握りやすい

男性用のカミソリのほうが良く剃れそうなイメージがありますが、男性用カミソリは男性のヒゲを剃りやすくするために作られたもの。ひげを剃るために作られたヘッドや持ち手は、身体の毛を剃るには不向きです。

女性が身体のムダ毛を処理する時は、女性がボディの毛を処理することを考えて設計された、女性用のカミソリを使いましょう。小回りが利くヘッドや握りやすい持ち手で使い勝手が良く、肌に優しいスムーザーがついていることが多いので、肌トラブルも少ないです。

除毛・脱毛あとの保湿ケアをする

除毛や脱毛をした後のお肌は、大きなダメージを受けて乾燥しています。処理を終えた直後はもちろんのこと、その後お肌がダメージから回復するまでは、いつもより念入りに保湿ケアを行うことが大切です。

これでもう足のブツブツとはサヨナラ!

お肌に負担をかけてしまう間違った自己処理に気づいた人は、すべすべなめらかな足を手に入れるチャンスをつかんだも同然です。お肌のダメージを最小限に抑える正しいすね毛処理方法を知って、ショートパンツが映える自慢の素足を目指しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です