膝がでない歩き方をレクチャー!正しい姿勢で綺麗に歩く方法!

モデルみたいな「膝がでない歩き方」で、美しい下半身をGet!骨盤からつま先まで意識した正しい歩き方をマスターすれば、歩きながらに下半身を鍛えられて、いつまでもスラリと綺麗な足をキープできるんです♪さぁ、Let’s Walk!

ヒールで膝を曲げて歩くのはカッコ悪い!

最近はキュートで楽ちんなペタンコの靴も多いけど、やっぱりココは決めたいって時にはヒールですよね!でも最近のヒールはどんどん高くなっていて、歩きにくさを感じている人も多いのでは?でもだからと言って膝を出した歩き方はカッコ悪すぎ!女子力アップのためには膝を曲げてはいけません。

膝がでない歩き方って?

だったら、どうやったら膝を出さずに歩けるんでしょう?

モデルのように踵から着地

モデルさんの歩き方を見ていると、次のように歩いていることが分かります。

  • 後頭部、肩、ヒップ、ふくらはぎ、踵が床に対して垂直の姿勢を保っている
  • 一本の線の上を歩くようにしている
  • 踵から着地し、つま先でしっかり蹴り上げて前に進んでいる

確かに膝が出ちゃう人って、猫背で歩いている人が多いですよ!モデルさんは、後頭部からのラインと前に出る足は棒のようにまっすぐなラインで美しい♡ランウェイを進んでいる気分で歩きましょう。

姿勢が悪いと膝に負担が掛かる

ながらスマホなどをして歩いている人を見てみてください。猫背で、肩が前に出ていて、そういう人に限って膝が曲がった歩き方をしています。ですが、そういう歩き方は膝に負担がかかり、痛みなどを引き起こす原因になるんです。

バレリーナは片足でもまっすぐ立ちますが、それは頭のてっぺんから糸で天につられているイメージをもって上半身をキープしているんです。そうすると下半身に負担がかからず、美しく長く立っていられるんですって。

膝に負担のかからない正しい歩き方

それでは正しい姿勢と歩き方をレクチャーしましょう♪

理想は骨盤で歩くイメージ

実は足だけで膝を曲げないで歩くのはとっても難しいです。実際にやってみると、上半身までグラグラしてしまって、まるでロボットみたい・・・。ここで重要なのは、

  • 膝に柔軟性を持たせること
  • 骨盤で足を浮かせ、骨盤の回転で足を前に運ぶイメージ

なんです。

膝をまっすぐとはいっても、ホントに棒のようにガッチガチではクッション性がないため、地面からの衝撃をもろに受け、膝を痛める原因になります。

そして骨盤!これが大切なんです。足を浮かせる時には骨盤から上げ、足を前に持っていくときは骨盤を回して動かすことをイメージする。つまり、骨盤から動かして歩くイメージを持つことで、自然と腸腰筋(肋骨から股関節まで伸びる筋肉)とハムストリングス(太もも裏側の筋肉の総称)を鍛えることができ、足を軽くあげられるようになり、膝に負担がかからなくなるんです!

美しく歩くポイント!

美しく歩くことは、膝を傷めない歩き方をすることとイコールです。そのポイントは

  • 膝を固定しないこと

前に出す足はまっすぐにすることを意識しますが、柔軟性がないとロボットのようになります。

  • 内股やがに股にならず、膝やつま先は正面に向ける

内股やがに股は、膝がねじれ痛みの原因にも!膝やつま先をまっすぐ前に向けることで、太ももからつま先までまっすぐスリムな足に見えます。

  • 骨盤の動きを意識する

ハイヒールを世界に広めたのはあのマリリン・モンローなのですが、彼女はヒップを左右に振って歩くセクシーな「モンローウォーク」で世の男性を虜にしていました。その歩き方に欠かせないのが「骨盤」。マリリンほど誇張しなくても、骨盤を意識すれば自然と美しくセクシーな歩き方に♡

では、何で膝が出る歩き方はダメなの?

「膝歩き」は膝など体の痛みの原因

膝を曲げたままピョコピョコ歩く「膝歩き」は楽な歩き方のように感じられます。でも、その膝歩きは、膝のゆがみを生みます。例えばO脚になると膝が外へ飛び出した形になりますよね?そうなると体重を膝で支えられずに関節に痛みが出てしまうんです。

そして膝がゆがむと、今度はそれをカバーしようとして腰がゆがんできます。腰は全身の要ですから、腰のゆがみは全身のゆがみにつながり、痛みの原因となるのです。

正しい歩き方を極めるポイント!

立ち方から見直す体幹トレーニング

正しい立ち姿をキープするのは実はかなりハード。ですから体幹を鍛えなければなりません。ということで一番基本的な体幹トレーニング「プランク」をご紹介します。

  1. 腕立て伏せの体勢になり、両肘を床につける
  2. 二の腕が床に対して垂直になるようにし、肘から先は、床につける
  3. 後頭部、背中、腰までのラインが一直線になるように意識する
  4. お腹が下がったり、お尻が上がったりしないようにする
  5. ゆっくり腹式呼吸しながら15~30秒キープ×3セット

骨盤周りの筋肉を鍛える方法

骨盤周りの筋肉「骨盤底筋群」を鍛えると正しい姿勢を支えやすくなりますし、ポッコリお腹も防げますので、ぜひ鍛えておきたい部分です。

通勤・通学中のバスや電車の中で、あるいはデスクワーク中にも、下腹とお尻をくっつけるイメージで力を入れ、正しい姿勢をキープする。それだけでエクササイズになりますよ♪

靴選びも大事!

ネットでも簡単に靴が買えますが、やはり靴選びは重要なポイントです。個人差がありますが、足は左右で大きさが違っていますし、歩き方によって合う靴も変わってきます。最近では靴の重要性が認知され始め、しっかりカウンセリングをしてくれるお店もありますから、そういうお店で話をしてみるのもいいですよ。

膝に痛みがある時の歩き方

膝に痛みがある場合は無理をしてはいけません。が、かといって歩かずにいれば筋力が衰え、正しい歩き方ができなくなってしまいます。ですから痛みがある程度引くまでは、膝周りを鍛える筋トレをしましょう。

  1. 椅子に座り、座面に両手をついて体を支える
  2. 膝を前にゆっくりと伸ばし、踵を押し出すようにして5~8秒キープ
  3. ゆっくりと膝を曲げて降ろす

膝の痛みが治ってきたら、痛まないような歩き方をします。

  1. 歩幅は小さく、膝を軽く曲げて着地
  2. 着地の時は、足の真ん中から着地するようなイメージ

これで痛みが治ったら、正しいウォーキングに戻していきましょう。

正しい歩き方で下半身劣化を防ぎましょう!

常に正しく美しい歩き方を意識していれば、自然と腰回りから足にかけての筋肉が鍛えられます!そうすれば下半身だけじゃなく、上半身の劣化も防げますよ。いくつになっても、素敵な女性だなって言われるように、今日から正しいウォーキングを始めましょ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です